井上尚弥と最速3階級王者ロマチェンコ 豪華ツーショット実現

2019年12月05日 21時32分

握手する井上とロマチェンコ

 世界タイトル統括団体のひとつWBOの年次総会が5日、都内のホテルで開催され、WBAスーパー&IBF統一世界バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)と、WBA、WBC&WBOの3団体統一ライト級世界王者、ワシル・ロマチェンコ(31=ウクライナ)の豪華なツーショットが実現した。

 総会最終日のこの日、表彰パーティーが開催され、WBOの年間最優秀選手に選ばれたロマチェンコと、スーパーフライ級ではWBO王座を7度防衛したことで表彰された井上が共演を果たした。

 パーティー後に取材に応じた井上は「階級を上げていったら将来的には(対戦することが)なくもないかな、というイメージで見ていました。体格もそれほど変わらないし」と世界から注目されること間違いなしのビッグマッチに意欲を見せた。ところが、直後に「今は、現実的にはないですよ」と自らオチをつけていた。