那須川天心 川崎通り魔に苦渋「助けに行けるかと言われても行けない」

2019年05月28日 14時38分

那須川

 キックボクシング界の“神童”那須川天心(20=TARGET/Cygames)が28日、ツイッターを更新した。

 那須川は「川崎の無差別殺傷事件本当に悲しい、、あり得ないと思う」と、川崎で起こった無差別殺傷事件に言及した。

 相手は両手に刃物を持ち、女児らを次々に刺していったとされる。

 同様の場面に出くわした場合、那須川はどう対応するのか。

 頭をめぐらせた那須川が出した結論は苦渋のものだった。

「格闘技をやってますが実際刃物を持った人と遭遇した時に助けに行けるかと言われても行けないと思う。まだそんな勇気ないし、力もない」

 キックボクサーのチャンピオンとはいえ、刃物を持った相手に、素手で立ち向かうこと自体、無謀なことだ。

 それでも、那須川は「でも助けたい気持ちが大きい もっと強くならなきゃな 人として」と一流の格闘家として決意を新たにした。