櫻坂46・原田葵が卒業を発表「新たに叶えたい目標を見つけました」

2022年01月30日 10時11分

卒業を発表した原田葵(東スポWeb)
卒業を発表した原田葵(東スポWeb)

 櫻坂46の原田葵(21)が29日、公式ブログでグループからの卒業を発表した。4枚目シングル(発売日とタイトル未定)の活動をもって卒業し、今後について「新たに叶えたい目標を見つけました。これからはその道に向かって、一歩ずつ頑張っていこうと思います」とつづった。

 原田は2015年8月にグループ改名前の欅坂46の1期生として加入。今後については明らかにしていないが、フジテレビにアナウンサーとして来春入社予定と報じられている。

 原田はブログで「皆様にご報告したいことがあります」と切り出し「次の4枚目シングルの活動をもちまして、櫻坂46を卒業致します」と発表した。

 まずはファンに向けて「グループが結成されてから約6年半、どんな時も味方となり、変わらず応援してくださったファンの皆様、本当にありがとうございます。皆さんからいただく言葉、ひとつひとつが私自身の励みとなり自信となっていました」と伝え、「身近で支えてくださったスタッフさんも各現場で出会う皆様も本当に温かくて、そんな方々に囲まれてお仕事をできたことが幸せです」と感謝した。

 そして、メンバーに「泣き虫で少し頑固な私がここまで来られたのはずっと一緒に歩んできた大好きなメンバーがいたからです。先日、『葵泣かなくなったよね~』と、
ふーちゃんに言われるまで、昔はすぐに泣いていた自分を忘れていました。
ここぞという時にいつも支えてくれてありがとう~! 中学3年生でグループに入って、みんなの後ろについていっていた私も嬉しい思いも悔しい思いもたくさんできたおかげで、見た目も中身もすごく大人になれた気がします。とても強く逞しくなりました!(恐らく…)」とつづった。

 欅坂46、櫻坂46としての活動を振り返り「実力以上のことを経験し、学んでいくなかでまた新たに叶えたい目標を見つけました。これからはその道に向かって、一歩ずつ頑張っていこうと思います」と告白。今後について、具体的な内容には触れなかった。

 最後に「次のシングルで最後となりますが、まだまだ時間はたくさんありますので、みなさんに感謝の気持ちを伝えて、素敵な思い出を作れる期間にできたらいいなと思います。今しかない時間を思いっきり楽しみます。これからも宜しくお願い致します」と呼びかけた。

関連タグ: