ソフィア・ローレン「お色気ばかり見ないでちょうだいよ」

2022年06月26日 10時00分

ソフィア・ローレン(東スポWeb)
ソフィア・ローレン(東スポWeb)

【今週の秘蔵フォト】イタリアの大女優といえば、世界中のみならず日本でも大人気を呼んだソフィア・ローレンの右に出る存在はいないだろう。「ナポリの太陽」と呼ばれ、明るくたくましく野性味に満ちたキャラクターで世の男性をトリコにした。

「ふたりの女」(1960年)でアカデミー主演女優賞を受賞。そのほか「昨日・今日・明日」(63年)、「あゝ結婚」(64年)、「ひまわり」(70年)、「ラ・マンチャの男」(72年)など数多くの名作を残した。

 75年5月17日付紙面には、新作映画「ガンモール/おかしなギャングと可愛い女」のキャンペーンのため、初来日した当時40歳の女盛りだったソフィアのインタビューが掲載されている。

「日本は暑いわね。スイスのチューリヒから夜間飛行で18時間座りっぱなし。もう疲れてしまって。そして車の渋滞。イライラしちゃって」と語り、ザ・ビートルズが来日した際にも宿泊したヒルトンホテルの同じ部屋にチェックインするとすぐバスルームに飛び込んだという。

「22度ぐらいと聞いていたので…。ローマと同じぐらいと思っていたんです。だからドレスを30着以上(乗用車4台分)持ってきてしまったんですが…。これじゃドレスアップするのは夜だけになっちゃう」と日本の暑さに悲鳴を上げた。

 ご存じのようにダイナマイトボディーで世界中の男性を魅了した。記者の視線にも気がついたのか、ソフィアは「お色気ばかり見ないでちょうだいよ。主人(プロデューサーのカルロ・ポンティ)が製作したんですが、私のキャラクターをよく生かしてくれて典型的な喜劇にしてくれたんですから、明るいムードも見てちょうだい。私、家でも明るいですね。暗い家は夢が育たないでしょ」とピシャリ言い切った。

 87歳ながら何といまだに活躍中。2020年には「これからの人生」で10年ぶりに主役を演じた。高齢のユダヤ人女性と孤児の黒人少年との心の交流を描いたヒューマンドラマで名演技を見せた。「ナポリの太陽」は永遠に輝きを失わない。

関連タグ: