不惑のAKB48へ!「40歳までいけるのでは?」直撃に柏木由紀は渋々…

2021年11月27日 11時30分

ソロコンサートを行った柏木由紀
ソロコンサートを行った柏木由紀

 AKB48初の40代メンバーになる日が来るか。グループ初の30代メンバー・柏木由紀(30)が26日、パシフィコ横浜・国立大ホールでソロコンサートを開催した。

 本来なら7月7、8日に開催予定だったが、難病「脊髄空洞症」の治療のため延期に。柏木は6月25日に7時間以上に及ぶ大手術を受け、誕生日を迎えた7月15日に復帰。この日と29日に代替開催されることになった。

 ソロデビュー曲「ショートケーキ」や、今年3月に発売した「CAN YOU WALK WITH ME??」をはじめ、AKB楽曲など全25曲を歌唱した。

 アンコール後、柏木は「30歳、30歳と自分で言ってますけど、今日やった感じ…まだまだ動けるな」とニヤリ。「アイドルというお仕事はファンの方がいないとできない。これからも皆さんが応援してて、自信を持って胸を張って応援できるような存在になりたい。『柏木由紀を応援をしてる』っていろんな人に言いたくなるような存在にこれからなりたい。アイドルとして30代を突っ走っていきたい!」と宣言した。

 最近は“生涯アイドル”を掲げ、「アイドルとしてやり続けることが私の夢」と語っている。終演後、取材に応じ「なるべく続けたいですけど、(何歳までと)決めたらしんどくなりそうなんで、誰かに『やめろ』って言われたら考えようかな。今のところやめる選択肢はないかな」と答えた。

 本紙が「40歳までいけるのでは?」と向けると、柏木は「え! ちょっとまだ想像できないですけど、まあ…体を鍛えながら頑張りたいと思います。頑張りたい気持ちはあるので」と渋々ながら40歳まで見据えていた。

関連タグ: