「あいみょんに土下座したいくらいです」 歌手の海蔵亮太がワンマンツアー〝Restart〟

2021年11月23日 17時03分

海蔵亮太(東スポWeb)
海蔵亮太(東スポWeb)

 歌手の海蔵亮太(31)が23日、渋谷duo MUSIC EXCHANGEでワンマンツアー「Restart」を開催し、ライブ前に囲み取材に応じた。

 海蔵はカラオケの世界大会(KWC)で2016、17年と2年連続でチャンピオンに輝き18年6月にシングル「愛のカタチ」でメジャーデビュー。19年に日本レコード大賞新人賞を受賞した実力派シンガーだ。

 久々のライブを前に「リスタートということで再出発の気持ちを込めました。初心に帰った姿をみなさんに見てもらえたらと思います」と少し緊張した面持ち。今後の目標について「来年はもっとたくさんの人に知ってもらえるように色んな場所に行って歌を届けられたらなと思います」と話した。

 海蔵といえば昨年ユーチューブで、あいみょんのマリーゴールドを歌唱した動画をアップしたところ突如コメント大喜利状態となり元動画を削除するという事態になった。この件について「(あいみょんに)土下座したいくらいです(笑い)。本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいなんですけど。ある意味、あの事があって今まで出会わえなかった人とかにも出会えた。自分のイメージ通りにはいかなかったんですけど、いい意味で化学反応が起きてみなさんに知ってもらえたとポジティブに捉えたりしてますね」と話した。

 コメントの中には誹謗中傷もあり、それらを拾ってアンサーソングとして「サイコパスのうた」を作成し反響を呼んでいる。海蔵は「みなさんに知ってもらえたことはシンガー冥利に尽きます。ただ誹謗中傷コメントとか、言葉は武器になるということは知ってもらいたいと思います」と話した。

関連タグ:
 

ピックアップ