無免許事故・木下富美子都議 音信不通もネットだけはチェック…23日に辞職勧告決議案

2021年07月20日 11時30分

木下都議のポスター
木下都議のポスター

 23日に東京都議会は臨時会を開催。免停中に人身事故を起こし、「都民ファーストの会」を除名処分になった木下富美子都議(54)への辞職勧告決議案の提出が予定されているが、木下氏は姿を見せるのか。

 都民ファの特別顧問を務める小池百合子都知事(69)は19日に東京五輪・パラリンピック期間中に情報発信の拠点となる「東京スポーツスクエア」を視察。モデルの富永愛とトークショーを行い、笑顔を見せた。23日にはコロナ禍での東京五輪がスタート。一方、同日には都議会臨時会も開催されるとあって、不穏なムードが漂っている。

 辞職勧告決議案が出される木下氏といえば、博報堂の出身で小池氏の寵愛を受けていたといわれる。都議選では最終日に小池氏が木下氏の激励に訪れていたほどだ。

 都民ファ関係者は「『木下氏と連絡が取れない』といいますが、本当に誰も連絡が取れていないのです。ただ、“生存確認”はできています。フェイスブックのメッセンジャーでオンライン中の表示が出るので、ネットのチェックはしていると思われます」と明かした。

 当選証書付与式にも出席せず、15日に行われた各会派による協議会にも参加の打診があったというが、1人会派「SDGs東京」を立ち上げた木下氏は体調不良を理由に出席しなかったという。

 辞職勧告決議案はおそらく可決されるとみられる。木下氏本人の出欠については「おそらく来ないでしょうね。来ないか、辞めるかの2択になると思いますよ。報道陣は彼女の席が空席になっているのを撮影するだけになるでしょうね」(前出の都民ファ関係者)。

 もっとも辞職勧告決議に法的拘束力はない。23日、木下氏が小池氏と言葉を交わす姿は見られるのだろうか。

関連タグ:
 

ピックアップ