〝いじめ自慢〟小山田圭吾の辞任を求めるオンライン署名活動がスタート!

2021年07月18日 09時00分

小山田圭吾
小山田圭吾

 東京五輪の開会式で楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾(52)が、過去に〝いじめ自慢〟をしていた騒動でついに辞任を求める署名活動が始まった。

 オンライン署名サイト「Change.org」で「東京オリパラ開閉会式制作メンバーから小山田圭吾氏の除外を求めます」と題したキャンペーンが16日にスタート。

 小山田氏は、94年1月発行の「ロッキング・オン・ジャパン」と95年8月発行の「クイック・ジャパン」において学生時代に障がいのある同級生に対し、悪びれもせずに“いじめ”を行っていたと告白したことが蒸し返されている。

 今回の署名サイトでは「この雑誌には、彼が行った目を覆いたくなるような『いじめ』の数々が掲載されています」とした上で「『全員が自己ベスト』『多様性と調和』『未来への継承』の三点を基本コンセプトとしている、平和の祭典である東京オリパラには最も相応しくない人物と言えます」と一刀両断。

 続けて「『数十年前のことを蒸し返すな』そう考える人も少なくないかもしれません」としながらも「しかし、『いじめ』の被害者は、悔しさ、怒り、情けなさ、惨めさをいつまでも心に留めています」と、いじめられる側の心中をおもんばかった。

 また「『いじめ』の加害者は直ぐに忘れても、被害者は一生忘れる事のないくらい、心と体に傷を負っているのです」と訴えた上で「どう考えても、小山田氏は東京オリパラの開閉会式制作メンバーとして相応しくない人物であると感じ、このキャンペーンを立ち上げました」と署名活動を始めた理由を説明している。

 なお「このキャンペーンの目的は『東京オリパラ組織委員会に対し、開閉会式制作メンバーから小山田圭吾氏を除外すること』です。東京オリパラの開催の是非については問いません」と付記している。

 すでに小山田は謝罪文を発表し、大会組織員会も続投を表明しているが、辞任を求める声は大きくなるばかりだ。

 ツイッターでは「#小山田圭吾氏の辞職を求めます」がトレンド入り。小山田の謝罪ツイートには辞任を求めるコメントが殺到している。

関連タグ: