【東京都議選】平愛梨の弟・慶翔氏に当確 自民 “都議会のドン”の娘婿下した

2021年07月04日 23時25分

当確を喜ぶ都民ファーストの平慶翔候補
当確を喜ぶ都民ファーストの平慶翔候補

 東京都議会選挙の投開票が4日に行われ、千代田区選挙区(定数1)では都民ファーストの会の平慶翔候補(33)に当確が出た。〝都議会のドン〟といわれた内田茂元都議の娘婿である自民党の内田直之候補に競り勝った。


 選挙戦初日にはサッカー選手で姉の平愛梨の夫である長友佑都の応援を受けた。また、最終日には小池百合子東京都知事が事務所を電撃訪問していた。

 都民ファは東京五輪・パラリンピックで無観客を訴えて選挙戦を戦っていた。平氏は「コロナ対策は急務。オリパラも控えている。オリパラの観客が観戦後にまっすぐ帰るとは思わない。国が強行開催するなら、無観客開催を国に要望していく」と2期目に向けて意気込んだ。

関連タグ:

ピックアップ