窪塚洋介が振り返るマンション転落事故後の〝隠密〟作戦「入院中は中山さんと呼ばれていた」

2021年06月16日 23時06分

「ゴリラクリニック」が定期開催する「第22回ビジネスセミナー」の講師として出演した窪塚洋介

 俳優の窪塚洋介(42)が16日、男性専門の総合美容クリニック「ゴリラクリニック」定期開催「第22回ビジネスセミナー」の講師として出演。MCを務めたフリーアナウンサー・青木源太(38)とともに、自身の人生を振り返った。

 2015年12月にレゲエダンサー・PINKYと再婚。前妻との間に生まれた長男・窪塚愛流(あいる=17)はモデル、俳優として芸能界で活躍。放送中のテレビ朝日系ドラマ「あのときキスしておけば」にも出演している。

 青木アナから出演作を見るかと聞かれると、窪塚は「一応は。アドバイスをしたり感想を言ったり。真面目に吸収したいっぽくて、けっこう真面目に聞いていますね。最初はモデルをやりたかったみたいだけど、お世話になってる事務所さんが役者さんの事務所だから、だんだん楽しみを見つけて『俺も演技をやりてえ』と」と明かし、父親の顔をのぞかせた。

 また、終盤では再び2004年、マンションの9階から転落する事故で一時重体になった出来事を回顧。「あのとき病院にマスコミがたくさん来て。僕を隠そうと、入院中は『中山』と呼ばれていた。3日目に意識が戻り起きたとき、看護師さんに『中山さん、起きましたね』と言われて。自分は窪塚かどうかはまだ分からなかったけど、言われたときは『中山じゃない気がする』とは思ってた(笑い)」と振り返っていた。

 最後、今後の野望については「宇宙平和! 世界平和!」と力を込めた。

関連タグ: