ホリエモンがリンガーハットの経営危機を嘆く「美味しいのになぁ」

2021年04月15日 14時16分

堀江貴文氏

 実業家の堀江貴文氏(48)が15日、ツイッターでリンガーハットの経営危機を嘆いた。

 長崎ちゃんぽんのリンガーハットは14日、2021年2月期連結決算を発表。純損益が87億円の赤字となった。新型コロナウイルスの影響で不採算店など128店舗を閉めたことなどが響き、1962年の創業以来最大の赤字となった。

 堀江氏はリンガーハットのファンらしく「厳しいっすね。。美味しいのになぁ」と投稿。

 さらに「こういう店がなくなっていくのは残念です。。」と嘆いた。

関連タグ: