元仮面女子・橋本ゆき区議が結婚 お相手は「マッチョなゴリラです」

2021年03月18日 12時53分

結婚を報告した橋本ゆき氏(本人のツイッターから)

 アイドルグループ「仮面女子」元メンバーで東京・渋谷区議の橋本ゆき氏(28)が18日、自身のツイッターを更新し、一般男性と結婚したこと報告した。

 橋本氏は「結婚しました。相手は渋谷区議選で出会った渋谷区育ちの優しい方です」と報告し「渋谷がつなげてくれたご縁に感謝しつつ、このまちでライフステージを重ねるひとりの人間として、もっと良いまちをつくっていければと思います。変わらずまっすぐ頑張りますので、今後とも、何卒応援宜しくお願いします」と喜びと新たな生活への意欲をつづった。

 橋本氏が結婚を明かしたのは本紙お正月特別号の対談の場だった。昨年12月中旬、プライベートでも親しい〝ゆづか姫〟こと新藤加菜氏(27)と対談。アイドル出身、高学歴の2人が政界女子トークを展開した。

 議員2年目の橋本氏は2021年について「プライベートも頑張ります」と意気込んだが、女子トークは止まらなかった。撮影場所へ向かう途中、橋本氏が来春結婚することを明かすと、ゆづか姫は「えっ、本当?おめでとう!」と祝福。記者が確認すると「3月の記念日に結婚します」とニッコリ。ただ「3月に自分から発表するまで書かないでください」と待ったをかけた。

 場所を変えても2人の話題はもちろん結婚。橋本氏によれば、夫となる男性との出会いは19年3月。アイドルから政界へ転身し、選挙活動を始めたところで「応援する」と声をかけてきたのが、この日の〝出会った記念日〟。右も左も分からない中で支援を表明した男性は「頼るパートナー」だったという。無事に当選し、議員活動を続けるうちに、〝公私ともに頼れるパートナー〟に発展。昨年12月12日に28歳の誕生日を迎えたころにプロポーズを受けたという。

 アイドル時代から「恋愛偏差値、女子力ほぼゼロ」と自虐してきた橋本氏だが、議員活動とともにしっかりゆっくり愛を育んできたようで「婚約指輪ももらいました」と満面の笑み。イメージを聞くと「マッチョです。見た目はマッチョなゴリラです」とイタズラっぽく答えていた。

★はしもと・ゆき=1992年、三重県生まれ。桜雪の芸名で東大受験アイドルとして活動。2012年東京大学文科三類に合格。同年、仮面女子(スチームガールズ)デビュー。19年3月に仮面女子を卒業し。4月に渋谷区議選で「あたらしい党」から出馬・当選。20年3月に党代表選に出馬し、7月に離党。現区議会派「シブヤを笑顔にする会」所属。

関連タグ: