鳩山由紀夫氏 小泉純一郎氏に「政党を作ってもらいたい」元首相5人が脱原発で大集合

2021年03月11日 17時06分

笑顔で握手をする(左から)鳩山元首相、小泉元首相、菅元首相

 東日本大震災から10年の節目となった11日、東京・永田町の憲政記念館で「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議」が開かれた。小泉純一郎元首相(79)、菅直人元首相(74)に加え、鳩山由紀夫元首相(74)が参戦。歴代首相が脱原発で大いに吠えた。

 歴代首相5人による訴えは細川護熙元首相(83)からだ。ビデオメッセージを寄せ「汚染水は完全にコントロールされているという無責任な指導者の発言で、復興五輪とは名ばかりのイベントをコロナが収束されていない中で開催する意味はあるのか。我々は原発という不条理と闘わなければいけない」と切り出した。

 また村山富市元首相(96)も「日本はいまだに脱原発を決断せずにいる。元総理として、そのような日本の姿を深く憂慮する」と文面を寄せた。

 場内をヒートアップさせたのは小泉氏だ。首相時代に原発推進論者だったことを反省し「過ちを改めざるを、これ過ちという。過ちては改むるにはばかることなかれというのを思い出して、原発ゼロ運動を展開している」と、この日も持論の脱原発を熱く訴えた。

 細川―小泉の脱原発タッグは、2014年の都知事選で細川氏が立候補した際に実現しているが、元首相らの輪はさらにパワーアップした。

 東日本大震災時に首相だった菅氏が自然エネルギー推進を訴えれば、鳩山氏は「小泉総理にはもう一肌脱いで頂き、政治の世界に戻って、脱原発で政党をつくってもらいたい」と呼びかけ、場内は拍手喝采に包まれた。

 3人による撮影時には菅氏は「結党会見みたいだな」と笑っていたが、周辺は本気で脱原発の切り札になるチャンスととらえる人もいる。機運が盛り上がれば、平均年齢81歳の元首相5人組による「小泉・脱原発新党」が本当に実現するかもしれない。

関連タグ: