森喜朗氏は日本プロレス協会会長就任だ! 「失言、暴言も自由だぜ」蝶野が斡旋

2021年02月09日 11時00分

【写真上】森氏(中)はTARU(手前)から襟首をつかまれると怒りの表情(06年8月27日、両国)【写真下】東スポグループ強化部長の蝶野が“世界の失言王”に新たなポストを提示

 女性蔑視発言で世界中から袋叩きに遭っている東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)に、東スポグループ強化部長・蝶野正洋(57)が転職先を用意した。日本のプロレス界を束ねる“日本プロレス協会”の会長、またはコミッショナーになれというのだ。このポストなら暴言・失言ヤリ放題。森氏には天職…と黒い強化部長は胸を張っている。

 オスッ、蝶野だ。森さんの女性蔑視発言が猛非難を浴びてるな。あの年代の人って、森さんに限らずああいう考えを持ってるよ。女性差別だとか偏見だとかを持たない人のほうが少ない。森さんが珍しいんじゃなくて、高齢の人たちの考えの代表という見方をしたほうがいい。五輪を進める中で、若い世代とか特定の意見だけでうまくいくわけがないし、あの年代の人の意見の代表として置いておくのは必要だとは思うんだ。

 問題はあの人が会長で、スポークスマンをやっちゃったこと。森さんの失言は前から言われてる。聞く人を喜ばせたいっていうサービス精神があるんだろうな。

 実はプロレスラーも同じでさ。記者に囲まれちゃうと、まだ話しちゃいけないこともついついしゃべっちゃう。先に言葉を立たせて、後から物事を動かす。有言実行と言うと聞こえはいいけど、記者発表で水面下の話をする藤波(辰爾)さん、パワハラ全開の長州(力)さん…。新日本プロレス伝統のリップサービス、サービス精神という名の代表・役員の暴言には本当に苦労したよ(笑い)。

 かく言う俺もnWoの行動を取ったのは、もとはといえばリップサービスだからな。東スポが(ハルク)ホーガンの記事を持ってきて「ホーガンが蝶野さんのマネしてますよ」なんて言うから「じゃ、俺もホーガンと密談でもしに米国に行くか」ってリップサービスしたら記事飛ばされた。でも行動起こさないのもカッコ悪いから急きょ、行ったんだ。ま、それが大きな財産になったわけだから、人生何がきっかけになるかは分からない。

 ただ、レスラーはリップサービスに有言実行が伴えば何とかなるけど、ビジネスや政治の世界は自分一人じゃないから、そうもいかない。

 本当は森さんのポジションを変えてあげたほうがいいんだけど、結局、今の時期は誰がやっても矢面に立っちゃうから誰も会長をやりたがらない。(日本オリンピック委員会会長の)山下(泰裕)さんとか、周りの連中にも問題はあるぞ。

 森さんが続けるのか途中で辞めるのかは分からないけど、プロレス界にも縁が深い人だし、五輪が終わったらぜひ“日本プロレス協会”のコミッショナーとか、会長になってもらいたい。

 各団体の利害が絡んで、日本には今、プロレスの協会がない。設立は長年の課題なんだよな。だから森さんの力は大きい。勝手なことばっかり言ってるレスラーたちを束ねることができるだろう。それに失言・暴言も自由だ(笑い)。どちらにとってもメリットしかないよ。

 緊急事態宣言下での国会議員の会食が批判されてる。今のご時世、バカとしか言いようがない。しかも、文春とか週刊誌が銀座で張ってるっていうじゃない。そんな情報ぐらい、周りのやつも流してやれよ(笑い)。

 ただ、今は出歩いて会食するのは基本的に控えないといけないけど、ルールを守った最低限の会食もあったりする。そこを狙われてどういうふうに報道されるかわからないから、必要な会合とかに出られなくなったりもするよな。

 あ、そうだ。東スポが銀座なり六本木なりでスキャンダルを狙ってる週刊誌の連中に取材してこい。それで銀座の何丁目のあたりに行ったら文春がいるだかとか“ハザードマップ”みたいなのを作るんだ。

 週刊誌の目をかいくぐって、どうしても銀座あたりに用事のある政治、芸能、スポーツ関係者に東スポを買わせて「このあたりは危ないから笑顔は見せないようにしよう」ってな。ん? 自分へのマークが怖いのかって? お、お、俺は真っすぐ帰ってるよ。

 それじゃ今回はここまでだッ(なぜかキレながら)。ガーーッデムッ! アイアム・チョーノ!

関連タグ: