瀬戸大也を支える妻・馬淵優佳さん スマートバンド「GoBe3」のアンバサダー就任

2020年10月22日 15時34分

「GoBe3」アンバサダーに就任した馬淵優佳さん

 競泳男子、東京五輪代表の瀬戸大也(26)の妻で飛び込み元日本代表の馬淵優佳さん(25)が21日、摂取カロリーや水分バランス、ストレスレベルを自動計測できるスマートバンド「GoBe3」(Healbe Japan)のアンバサダーに就任した。

 同製品は独自のテクノロジーで、飲食したものの摂取カロリーと運動や基礎代謝での消費カロリーを自動計測し、プラスマイナスのエネルギーバランスを表示。〝世界初〟の機能を引っさげ8月に日本上陸。体験型ストアでは予定の2倍のペースで完売。10月からの小売店販売でも先行予約から完売するほどのモテッぷりだ。また、体内の水分の出入バランスを自動計測し、水分不足をアラートで知らせる、ストレスレベルや睡眠の質を自動計測するなど、新進の状態を管理し、快適な生活をサポートする機能も備えている。

 同社は馬淵さんを起用した理由について「元飛び込み日本代表選手でもあるトップアスリートであり、健康美を備えた魅力的なキャラクター」「2人の女の子の母親として忙しい日常の中でも、自身の(健康)美やファッション、趣味など一個人としての美意識や知識欲などを追求している」「アスリートフードマイスターの資格を持ち、世界のトップスイマーである瀬戸大也選手を栄養面でもしっかりと支え、名実ともに世界のトップに押し上げ、フードマイスターとして結果を出した」と説明。これらが「GoBe3」の「〝食と身体アクティビティの管理〟のイメージに完全に符号した」としている。

 アンバサダー・馬淵さんは今後、「GoBe3」の顔として活動していく。

★まぶち・ゆか=1995年生まれ、兵庫県宝塚市出身。3歳で水泳と飛び込みの練習を始める。2009年、東アジア大会3メートル板飛び込みで銅メダルを獲得。11年、世界選手権代表選考会3メートル板飛び込みで優勝し、世界選手権に初出場。立命館大学スポーツ健康科学部に進学後も日本学生選手権2連覇を達成、「入水のセンス」を武器に結果を残す。17年に瀬戸選手と結婚し現役を引退。2児の母となる。