元欅坂46の織田奈那が現役時代の恋愛スキャンダルを自ら認めて謝罪「アイドルとしての自覚持てなかった」

2020年08月02日 11時13分

織田奈那

 元欅坂46の織田奈那(22)が1日に開設したユーチューブチャンネルに初投稿。自ら恋愛スキャンダルを認め、謝罪したことが話題となっている。

「織田奈那の欅坂を辞めてから今までのこと」というタイトルで投稿され、開設した理由について「欅坂を卒業してから話したいことがたくさんあったので、それを今回お話しできればいいなと思って、この動画を作りました」と説明した。

 織田は一呼吸置いた後に昨年9月に報じられた熱愛スキャンダルに自ら言及。報道後、活動休止した織田はファンに直接あいさつすることなく、今年1月にグループを卒業したことに後悔があることを明かした。

 織田は「ずっとそれはよくないと思っていた。自分の気持ちを素直に話したかった。顔を出して自分の言葉で話したかった」とし、「アイドル活動中に男性と交際していたことは事実です。私のアイドルとしての自覚が持てなかったってところが一番の原因と思っています。それによってファンのみなさんを悲しませてしまい、本当にすみませんでした。スタッフやメンバーにも本当に迷惑をかけてしまいました」と当時の交際を認め、謝罪を口にした。

 周りのメンバーやスタッフはアイドル活動の継続を勧めていたというが、織田は「やっぱりこういうことがあった後に今までと同じようにアイドル活動をするのはできないなと思ったので、卒業をさせていただきました。本当に自分勝手ですいません」と卒業の経緯を明かし、重ねて謝罪した。

 欅坂46は先月16日に5年間の活動に幕を下ろし、改名して再出発することを電撃発表した。

 古巣について、織田は「卒業後、活動を客観的に見るようになって改めて素晴らしいグループだと思った。人の心を動かす素晴らしい楽曲たちが揃っている。それをたくさんの人に届けられることが幸せなことだった」などと振り返った。

 織田は5月にインフルエンサー事務所「GROVE」に所属。今後については「もう一度頑張っているところを見せたい。卒業後も応援してくださっているファンのみなさんが好きになってくれるような活動をしていきたい」と語った。

 在籍時はメンバーから愛され、信頼も厚かった織田。最近は卒業生のネット上での発信は炎上することが多かったが、織田には「今まで応援してくれていたファン、これから応援してくれるファンに対して感謝の気持ちを忘れずに頑張ってほしい」など温かいコメントが多く寄せられた。

 一方で、卒業してしばらくたってからの謝罪に「スキャンダルが発覚してすぐにこういった声明的なものを出してほしかった」などと悔しさを明かすファンも多かった。