山Pに未成年女性との飲酒&お持ち帰り疑惑 処分ならジャニーズ退所加速も

2020年08月08日 06時15分

山P退所加速を伝える8日発行本紙一面

〝世界の山P〟の行く末は? ジャニーズ所属の山下智久(35)が未成年女性との飲酒、さらには〝お持ち帰り〟疑惑が報じられた。これは「文春オンライン」が7日に報じたもの。最近のジャニーズは大物タレントが相次いで退所する事態に陥っているが、世界に目を向けている山下もその〝退所予備軍〟といわれている。今回の報道で、その動きは加速するのか…。

 ネットニュースサイト「文春オンライン」によると山下は先月末、KAT‐TUNの亀梨和也とともに、都内のバーで知人を交えて飲み会に興じていたという。そこには複数の女性も同席しており、その中にいた2人の女性が未成年の現役高校生だった。飲み会終了後、亀梨は一人でその場から立ち去ったが、山下は違った。

 未成年の現役女子高生の1人が、バーで飲み終えた山下が滞在するホテルへ向かったのだ。途中で山下がホテルから外へ出てきて、約1時間ほど後に再びホテルに戻ってくることもあったが、トータルすると2人は約8時間にわたってホテルに滞在していたという。同サイトでは山下の行動は東京都が定める「青少年の健全な育成に関する条例」に違反する可能性があると報じている。

 ジャニーズ事務所の中でも、トップクラスの位置にいる山下の未成年スキャンダル。熱愛ニュースとはわけが違う。

 しかし、芸能関係者は「今回は亀梨、山下の2人とも知人男性と飲んでいて、その知人の紹介で同席した相手の女性が未成年だった。未成年かどうかまでは認識できなかったということで、今のところ特に処分は下っていませんね」と明かす。

 この流れで行くと「知らなかったから不問」という図式も成り立ちそうだが、ここ最近はコンプライアンス違反に対して、厳しい処分を下してきたのもジャニーズだ。

 昨年はジャニーズJr.の5人組グループ「HiHi Jets」の橋本涼、作間龍斗のプライベート写真がネット上に流出したことで謹慎処分が下された。

 今年3月には「Snow Man」の岩本照がデビュー前のJr.時代に、未成年女性と〝ラブホ合コン〟していたことが発覚し、活動自粛処分を受けた。

 前出の関係者は「若い子はダメでベテランならOKというスタンスでは、ジャニーズ全体の規律が守れるのかという疑念も出てきかねない」と指摘する。

 ただ山下にとっては、たとえ厳しい処分が下ったところで大きな影響がないとみられている。

 あるテレビ局関係者は「今の山下は地上波のテレビ局でのレギュラー番組がゼロ。ラジオもない。現在、出演しているのは動画配信サービスHuluのドラマ『The HEAD』だけ。世界配信のドラマが、1人の日本人俳優のスキャンダルで止まるわけはないですから、仮に事務所内で何かしらの処分が出たとしても、すぐに『出演自粛』になる問題ではない」と語る。

 むしろ懸念されるのは、山下が〝退所予備軍〟の1人だということ。最近でも中居正広、長瀬智也といった大物がジャニーズからの退所を決めた。

「以前から山下は、海外志向が人一倍強い。ハリウッドスターのウィル・スミスの家族がかかわっているマネジメント会社と業務提携をしていますが、今後は海外に軸足を移して活動をしていきたいようです」(芸能プロ幹部)

 インスタグラムに力を入れている山下は500万人以上のフォロワー数を誇るが、これも海外での活動を見据えている一つの表れだ。

「海外ではインスタのフォロワー数がその作品に起用するかどうか、一つの目安となっているんです。山下はそれを分かった上でインスタをやっているのです」(前出幹部)

 それほど海外志向が強い山下だからこそ、前出の芸能関係者は「今回の件をジャニーズが守ることによって、山下が恩義を感じジャニーズに残ったとしても、それはあくまで一時的なもの。厳しい処分が下るようならば、ジャニーズから離れて海外進出を早めるという決断を下すかもしれません」と予想する。

 山下退所の動きは避けられそうもなく、一気に加速しそうだ。