こぶしファクトリー解散でファン注目 “ハロプロFA”井上玲音の移籍先

2020年01月09日 17時00分

左から広瀬、野村、浜浦、井上、和田

 ハロプロ内の“移籍先”はどこになるのか?

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「こぶしファクトリー」(リーダー・広瀬彩海=20、野村みな美=19、浜浦彩乃=19、和田桜子=18、井上玲音=18)が、3月30日に東京ドームシティホールで行われるコンサートをもって解散することが明らかになった。

 こぶしは2015年9月2日に8人組グループとしてメジャーデビューし、同年暮れには日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得。17年には3人が脱退し、5人組グループとして活動していた。

 解散は、昨年初めにリーダー・広瀬から「ハロプロを卒業したい」との申し出があり、野村、浜浦、和田も卒業を望んだという。解散後は広瀬、野村、浜浦は芸能活動を継続、和田は芸能界を引退する。唯一、井上だけは、引き続きハロプロに残るという。

 井上はブログで「こぶしファクトリーとしてまだ見たい景色や行きたい場所、色々ありましたがこの様な形で終わってしまい、正直悔しいです」と吐露しながらも「それでも皆が決めた道だから応援したいし、自分も頑張ろうと思います」と前を向いた。

 こぶしの解散は「モーニング娘。’20」など、ほかのハロプログループにとっても衝撃的な出来事だが、一方で「注目されるのが、井上の“移籍先”がどこになるのかということ」と指摘するのは広告代理店関係者だ。

「モー娘やアンジュルムのように卒業&加入システムが整っているグループへの移籍が予想されるが、一方で実力派のJuice=Juiceへの移籍もある。同期グループのつばきファクトリー加入も面白い。昨年末にレコ大最優秀新人賞を受賞したBEYOOOOONDSは、後輩グループですから可能性は低そうですが、もし加入すればファンへのインパクトは十分。まあアレルギー反応も大きそうですが」

 1人だけハロプロに残留する井上の今後に注目だ。