AKB48が若手メンバー限定コンサートを開催「先頭に立っていけるメンバーが増えるように」

2022年01月14日 12時40分

AKB48の若手メンバー28人が「新春!AKB48フレッシュコンサート2022~冬もやっぱりAKB!~」を開催(C)AKB48
AKB48の若手メンバー28人が「新春!AKB48フレッシュコンサート2022~冬もやっぱりAKB!~」を開催(C)AKB48

 AKB48の若手メンバー28人が13日、神奈川・パシフィコ横浜で「新春!AKB48フレッシュコンサート2022~冬もやっぱりAKB!~」を開催した。

 ドラフト2期生の馬嘉伶、16期生、ドラフト3期生という若手メンバーで構成されたコンサート。前座では、10日に成人式を行った山内瑞葵ら新成人5人が「すべては途中経過」や前日12日に開催された「第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 決勝大会」に出場した田口愛佳、浅井七海ら4人が「泣ける場所」を披露し、会場を温めた。

 この日のために用意された新衣装でメンバー全員が登場。「Baby!
 Baby! Baby!」でコンサートは幕を開けると、「Seventeen」「そばかすのキス」「大騒ぎ天国」と若さあふれるエネルギッシュなパフォーマンスで、会場を盛り上げた。

 MCでは、急きょ出演が決まった西川怜と永野恵があいさつ。3月中のグループ卒業を発表した西川は「出ることができてうれしいです!」と笑顔を見せた。

 中盤では、稲垣香織原案によるミニ寸劇「AKB48を超える伝説のアイドルグループ誕生までの物語」が開演。稲垣の独特なペースで展開するコミカルな演技でファンを沸かせた。

 終盤では「黄金センター」「法定速度と優越感」などの人気5曲をノンストップでパフォーマンス。山内は「こんなに大きなステージで披露させていただけることがすごくうれしいです!」と感極まりながら紹介し、初のシングルセンターを務めた楽曲「失恋、ありがとう」を熱唱した。

 アンコールでは“どえらいダンス”として話題の最新曲「根も葉Rumor」を全力で踊り、ファンを魅了。浅井は「この瞬間、私たちのできる全力を出そうと頑張ってきました。この景色に感動しました。先頭に立っていけるメンバーが増えるように頑張ります!」と代表してコメント。最後は「少女たちよ」でフレッシュコンサートは終幕した。

関連タグ: