日下部愛菜ら5人 スペシャルゲストでNGT48山口卒業公演に登場

2019年05月18日 18時30分

卒業公演を行った山口真帆(左)ら (C)AKS

 NGT48のメンバーで昨年12月に男2人から暴行被害を受けた山口真帆(23)、長谷川玲奈(18)、菅原りこ(18)の合同卒業公演「太陽は何度でも」が18日、新潟市内のNGT48劇場で行われた。

 通常の卒業公演は多くのメンバーに見送られるが、グループ公式サイトで発表された出演メンバーは山口ら3人のみ。「出演メンバーは急遽変更となる場合もございます」と記されていたが、スタートは実際に見送るメンバーのいない前代未聞の公演がスタートした。

 オープニング曲こそNGTの「Maxとき315号」だったが、その後はAKB48や派生ユニット、さらに欅坂46楽曲「黒い羊」が続き、NGT楽曲のない異例の公演が続いている。

 ライブ中盤にはスペシャルゲストとして1期生の日下部愛菜、小熊倫実、研究生の角ゆりあ、高沢朋花、高橋七実の計5人が登場。MCで3人のエピソードを交えながら感謝の気持ちを示した。