梅宮アンナの長女・百々果さんファンミ登場! 別居は賛成も再婚は「いや」

2016年02月11日 20時16分

愛娘・百々果さん(左)とのツーショットを披露した梅宮アンナ

 タレントの梅宮アンナ(43)が11日、都内で著書「女は『ひとりの時間』に磨かれる」(12日発売)出版記念記者会見&初のファンミーティングを開き、愛娘の百々果さん(14)とツーショット出演した。

 

 ファンミ冒頭に百々果さんが登壇すると、満員の会場から「かわいいー」と歓声が上がる。母に対して「いっつも仕事して頑張っている。ネールサロン、焼き肉、旅行も正月に一緒に行きました」と緊張しながら話した。

 

 ところが、母の再婚について聞かれると「いや!」と拒否反応を示し「お母さんが一番」ときっぱり。これにアンナは「いいよ! 言わなくて」と両手で口を押さえた。

 

 母子が別居しているため一部で「育児放棄」だと言われていることにアンナは囲み会見で反論。

 

「小さい時から梅宮家は型破りなところがある。子供の育て方もそう。友達みたいに、姉妹みたいに接しているし、普通のお母さんと子供の関係ではない。長い時間、一緒にはいないですけど、会える時は密にしている。仲良しだと思います」と新しい形のシングルマザーの生き方だとした。

 

 百々果さんも「一緒の部屋にいて、(アンナの)洋服が入らなくなっちゃって、違う家に住んだらいいなあと思いました」と話し、別居を歓迎している。祖父・梅宮辰夫(77)の自宅に住んでいて「行ったり来たりしてるから全然寂しくない」と説明した。

 

 百々果さんはインターナショナルスクールに通い、サッカーをする健康娘。芸能界にはまったく興味がないそうで、この日も会場で見守っていた祖母・クラウディアさんとは普段は英語で会話するという。