最後は視聴者への感謝 タモリ最後のコメント全文書き起こし

2014年03月31日 23時44分

最後のコメントで視聴者への感謝を述べたタモリ

 フジテレビ「笑っていいとも!」が31日夜に生放送された「笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号」で32年間の歴史に幕を閉じた。明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、ナインティナイン、爆笑問題ら新旧レギュラーが集結した豪華な番組の最後、司会のタモリが語ったのはこれまで見続けてくれた視聴者への感謝だった。

 

 

 以下はタモリの最後のコメント全文。

 

 こんなに集まっていただいてありがとうございます。出演者、スタッフのおかげで32年間無事にやることができまして。まだ感慨というのはないんですよね。ちょっとほっとしただけで。来週の火曜日くらいからくるんじゃないかと思います。明日もアルタに行かなきゃなりません。楽屋の整理がありますんで。私物が一杯置いてありますんで。

 

 考えてみれば気持ちの悪い男でして。こういう番組で以前の私の姿を見るのが大嫌いなんですよね。なんか気持ちが悪い。濡れたしめじみたいな。嫌~な、ぬめえとした感じで本当に嫌でして。私、いまだに自分の番組を見ません。

 

 また、それで性格が当時ひねくれておりまして。不遜で。生意気で。世の中なめくさってたんですね。そのくせ何もやったことがないんですけど。それがどうしたわけか、初代の亡くなられました横澤(彪)プロデューサーから仰せつかりまして、だいたい3か月か半年で終わるんじゃないかと思っていたところが、この32年になりました。

 

 まあ生意気なことでやってたんですけど、長い間に視聴者の皆様がいろんなシチュエーション、いろんな状況、いろんな思いでずっと見てきていただいたのが、こっちに伝わりまして私も変わりまして、なんとなくタレントとして形を成したということなんです。

 

 視聴者の皆様方からたくさんの価値をつけていただき、またこのみすぼらしい身に、たくさんの綺麗な衣装を着せていただきました。そして今日ここで直接お礼をいう機会がありましたことを感謝したいと思います。

 

 32年間本当にありがとうございました。お世話になりました。

 

 

 タモリはコメントの後、「また明日も見てくれるかな」といつものコメントを発し、集まった新旧出演者の「いいとも!」の掛け声に包まれる中、最後の“いいとも"を終えた。