柔道男子100キロ級でパリ五輪代表に内定したウルフ・アロン(27=パーク24)が15日、報道陣に〝粋な計らい〟を見せた。

 14日の強化委員会でパリ五輪代表に決まったウルフは、都内で行われた会見に出席。会場の入り口には「たいへんお待たせしました 本日よろしくお願いします ウルフ・アロン」と書かれた段ボール箱の中に、多くのチョコレート菓子を用意するサプライズを仕掛けた。

 1日遅れのバレンタインデーのプレゼントにウルフは「いかにも自分がやらなさそうなことだと思うけど、一応バレンタインということもあり、マネジャーさんと話して、たくさん用意した」とにっこり。その上で「文字通りではあると思うが、少し100キロ級の代表が遅くなってしまって申し訳ないというのがまず一つあったところで、みなさんにも少し苦い思いというよりも、少し甘い思いをしてもらいたくて、ああいったものを用意させてもらった」と経緯を明かした。

 チョコレート菓子の商品名は利権などの関係で非公開だが「この時期に受験生の分も持っていってしまったのはちょっと申し訳ないという思いもあるが、自分自身『勝つ』ということも意識して、あのチョコレートにした」とニヤリ。パリ五輪での金メダルに向けて、さまざまな形で準備を進めているようだ。