俳優の神田正輝(72)が、9日放送のテレビ朝日系旅バラエティー番組「朝だ!生です旅サラダ」(土曜午前8時)を欠席した。欠席は11月18日放送から4週連続となった。

 生放送の「旅サラダ」で、神田は1997年4月放送から26年にわたってMCを務めている。

 レギュラーで女優の松下奈緒は、前週2日放送で神田について「現在体のメンテナンス中で、しばらくお休みをいただくことになりました」と当面の休演を報告。それ以上の理由は明かされていない。

 神田は番組に出演するたびに激ヤセを指摘され、心配されていた。9日放送では、松下とレギュラーでタレントの勝俣州和は神田について触れず、番組は終了した。

 神田は、前所属事務所の石原プロモーションが2021年1月で解散して以降、俳優業を事実上、引退して「旅サラダ」に専念していた。同番組は唯一といっていいレギュラー番組。それを休演するのは異常事態だ。テレビ局関係者の話。

「神田さんは俳優業を事実上、引退した理由について『セリフが覚えられないんだ』『撮影で長期間、長時間、拘束されるのはしんどい』と話しています。その点、『旅サラダ』は1時間30分の生放送番組でちょうどいい。本人は旅好きで、たまに旅ロケに参加できる。大好きな番組です。その出演すらかなわない状況なので状態は芳しくないと思われます」

 もともと運動神経が良く、ゴルフとスキーを得意としている。健康には自信があった。それでも21日の誕生日で73歳を迎える。体調を崩してもおかしくはない年齢だ。

 番組サイドやファンは、神田にしっかり「メンテナンス」して療養してもらった上で復帰することを望んでいる。