俳優・木村拓哉(50)が主演するフジテレビ系「教場」のスペシャルドラマの撮影が延期となっている件で、一部の番組スポンサーが難色を示していることがわかった。

 同作は木村演じる警察学校の冷徹教官・風間公親と、警察官を目指す生徒たちを描いた物語。今年4月の〝月9枠〟でも放送され、話題となった。

 スペシャルドラマのクランクインは10月上旬。映画化を想定し、ドラマ2本分を撮る予定だったという。

 しかし、故ジャニー喜多川氏の性加害問題が拡大するなか、クライアントが相次いで契約の見直しを表明。その多くがコンプライアンス意識の高い大手企業であり、テレビ局側も「タレントに罪はない」とわかっていても無視できなくなってきた。

 ドラマ版「教場」の提供スポンサーを見ると、「サントリー」や「花王」「エステー」「Spotify」など大企業がズラリ。なかでもサントリーホールディングスの新浪剛史社長は経済同友会の代表幹事を務めており、先日行われた会見で「(ジャニーズ事務所が)本当に真摯に反省しているかどうか大変疑わしい」とピシャリ。16日付の朝日新聞の記事では、今後数か月で事務所の体制が改善されなければ、番組スポンサーを降りる可能性も「あり得る」と述べていた。テレビ関係者の話。

「サントリーHDはフジにとって大スポンサーの1つ。撮影延期の理由について表向きは『番組制作上のトラブル』と説明しているそうですが、実際はスポンサー側から制作に難色を示され、撮影をストップせざるをえない状況になったと聞いています」

 天下のキムタクドラマにまで影響が出た事実は大きい。芸能プロ関係者は「小粒なタレントとはワケが違いますからね。他局でもジャニーズタレントの起用を控える動きが出ていますが、今後拍車がかかってきそうです」と語る。

 木村は「教場」のほか、来年はテレビ朝日で主演ドラマ、2025年には作家・東野圭吾氏原作の映画「マスカレード」シリーズ最新作の公開が控えていると言われる。性加害問題が長引けば、そうした仕事にも影響が出かねない。

 来月2日、東山紀之新社長による新たな体制が発表される。社名変更や藤島ジュリー景子前社長が保有する株式にもメスが入りそうだ。ジャニーズから完全に独立した新会社を設立するという話もある。

 木村を筆頭に所属タレントも気が気でない状況のなか、世間やクライアントが納得できる〝答え〟を導き出すことができるか――。