17日に放送された木村拓哉主演のフジテレビ系月9ドラマ「風間公親―教場0―」第2話に、新人刑事・隼田聖子を演じる新垣結衣が登場。次回から、主演の木村演じる神奈川県警指導官・風間とのバディー捜査実習が始まるが、事務員を演じる堀田真由との「鎌倉殿」共演も注目される。

 第2話では、宮澤エマが殺人事件の犯人役を演じた。風間から戦力外通告を受けながらも、これを解決した瓜原潤史(赤楚衛二)は〝風間道場〟を卒業。代わりに隼田が風間のもとにあいさつに訪れた。

 SNSでは「めっちゃ鎌倉殿のキャストが出てくる」「『鎌倉殿』から大河女優3人 豪華だった」などと、昨年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に言及するツイートが少なくない。

「鎌倉殿――」で新垣は、主人公・北条義時の妻で過去には源頼朝の子を産んだ八重を演じ、堀田は義時の後妻・比奈役を務めた。宮澤は、義時の妹で源実朝の乳母になる実衣。いずれも重要キャストの3女優が今回、月9に揃ったわけだ。

 視聴者のツイッター投稿では「次回から新垣結衣と堀田真由が共演するのが嬉しい」との声も。堀田が演じる事務員・伊上幸葉は劇中、瓜原にさりげなく〝風間対策〟をアドバイスするなど、プレッシャーを受ける新人刑事を助けてきた。一方、カジュアルからオフィス向きまで、登場するたびに代わる衣装や髪形も関心の的で、ネット上には幸葉の衣装情報ページも現れた。

 人気絶頂の新垣と「教場0」で「ハマり役ぽくて可愛い」などと評判の堀田。こちらの絡みも注目される。