女優で声優の平野綾(34)が25日、大阪市内でクラシックコンサート「はるか そよかの音楽に恋してmeets平野綾」(11月23日、サンケイホールブリーゼ)の取材会に登場した。

 2月に行われたクラシック音楽家の林はるか、そよか姉妹と宝塚歌劇団元月組トップスターの龍真咲によるコンサート配信を見た平野が「クラシックのコンサートで、これだけおもしろいのは初めて。MCがおもしろい。クラシックコンサートの概念を覆されました」と感動し、林姉妹との共演が実現。「自分が感じた驚きや感動を、自分がゲストとして歌わせていただくことで、たくさんの方に触れていただけるようなコンサートになったらうれしい」と意気込んだ。

 演奏は2部に分かれ、平野は2部の「ポップス」に登場する。スタジオジブリやディズニーのメドレーなど20曲以上を歌うが、意外にもジブリを歌うのは初めてだという。

「メドレーに絞るのが大変でした。絞り切れなくてジブリだけで10曲くらい歌います。ジブリって、曲が流れ出した瞬間にその作品の雰囲気になるので、それは守りたい。ジブリ作品に作品に出たことはないですけど、『ジブリの平野』だと思っていただけたら」

 お気に入りは「ハウルの動く城」の「人生のメリーゴーランド」というが、「あの曲、インストなので私、歌えない」と苦笑い。ただ、どうしても2人の演奏を聴きたかったそうで、「オープニングに入れてもらいました。私は歌わずに一番近い場所で一観客として聴かせていただきながら、メドレーに入ります」と話した。

 平野といえば、テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」で涼宮ハルヒ役を務めた。挿入歌の「God Knows」も披露することが決まり、「アニメソングは最初考えてなかったんですが、はるかさんが『ぜひ、God Knowsのイントロのギターをチェロで弾いてみたい』と提案してくれて。奏法がかなり難しいらしいので、これはチェロで聴いたことがないぞという新しい演奏が聴けると思う。私も楽しみです」と笑顔を見せた。