メダルを逃したワリエワが悲痛コメント「これで表彰式は中止されないだろう」

2022年02月18日 11時39分

演技を終えたワリエワが残した言葉は…(東スポWeb)
演技を終えたワリエワが残した言葉は…(東スポWeb)

 ドーピング違反騒動の中でメダルを逃したフィギュアスケート女子ロシア・オリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワ(15)が、フリーの演技後に悲痛なコメントを発した。

 ワリエワはショートプログラム(SP)こそ首位だったが、17日のフリーで2度転倒するなどジャンプでミスを連発してまさかの4位に終わった。ドーピング問題に対する批判の声が世界中で高まる中、さすがに動揺があったのだろう。演技後には泣き崩れて憔悴しきった表情がカメラに映し出された。

 演技後は無言で取材エリアを通過したが、ロシアメディア「レンタ」はワリエワが発した言葉を報じた。「『少なくとも、これで表彰式は中止されないだろう』とワリエワはコーチのエテリ・トゥトベリーゼに語った」

 国際オリンピック委員会(IOC)はワリエワのドーピング問題を受けて、今回の成績は暫定的で今後騒動が決着次第、正式に確定する方針。そのためワリエワが3位以内に入った場合はメダルセレモニーは開催されないことになっていた。

 しかし、結果的に4位でメダルを逃すことになり、ワリエワより上位のシェルバコフ、トルソワ(ともにROC)、坂本花織(日本)の成績は確定。メダル授与式が18日夜に行われることになった。

 ロシアメディア「ニューインフォーム」はワリエワのコメントについて「〝皮肉〟を込めて語った」と指摘。世界中からの怒号を一身に浴びた15歳の精神状態が心配だ。

関連タグ: