テコンドー金原会長が突然のツイッター開設!「パンチパーマのオジさんの呟きです」

2019年11月30日 18時20分

金原昇会長が公開した変装画像(本人のツイッターより)

 会長退任が決まった全日本テコンドー協会の金原昇会長(65)が突然、ツイッターを開設。「いったい、どういう風の吹き回しか?」と業界内がザワついている。

 先日、検証委員会の決断により金原会長は理事に再任しないことが決定。会見では「すがすがしい」「しこりはない」と笑顔で語った金原会長だったが、かねて自身を厳しく追及してきた女性理事らを名誉毀損で提訴することを示唆するなど、不気味な雰囲気が漂っていた。

 そんなタイミングでのツイッター開設だ。ガラケーだった金原会長はスマホを購入し、笑顔の顔写真と不動明王の背景画像を掲載。「皆さん、こんにちは。最近漸くスマホを買いまして、言われるがまま登録しました」というあいさつ文に始まり「ただのパンチパーマのオジさんの呟きです」と、しっかり“カツラ疑惑”を否定している。

 開設初日は「何と呟けばいいのか分からない」と記したが、翌30日は立て続けにつぶやき4連発。変装メガネをかけたお茶目な画像まで掲載するなどノリノリだ。

 一連の騒動で金原会長のもとにはテレビ出演オファーが殺到。地元・長野でも一躍有名人になっている。その一方で今後も長野県のテコンドー協会の会員として日本協会へのサポートも続けると明言。金原会長はツイッター開設の理由について本紙に「お遊びです」と語ったが、果たして真意は? この男の言動から目が離せない。