【美人整体師・久嬢由起子】傘をスキーのストックに見立ててちょいボーゲン おなかのぜい肉を落とし下半身の筋トレにも

2020年07月03日 10時00分

腰をゆっくり左右にひねります2

【美人整体師・久嬢由起子の外出自粛の今こそお家で簡単ストレッチ:スポーツ競技編】外での運動がしづらい梅雨時は家の中でストレッチ! 美人整体師・久嬢由起子が、スポーツ競技を元にした楽しくできる運動をご紹介します。

 この時期、手放せないものといえば傘ですよね。せっかく身近にあるんですから、ストレッチに使っちゃいましょう。ちょっと季節外れですが、スキーのストックに見立ててみました。

 足を肩幅ぐらいに開いてヒザを曲げつつ、軽く内側に向けます。“少しだけボーゲン”といった感じでしょうか。で、傘のハンドル部分を持った両腕を前に出して、その傘の先を地面につけます。両脚と合わせ、4点で体を支えるイメージです。

 そうしたら、足の裏をぺったり地面につけたまま、腰だけをひねってみましょう。まずは右。次は左に。足は動かさず、ヘソだけ横を向けます。傘がなくてもいいのですが、あった方が体が固定され、腰だけをひねりやすいです。

 ゆっくり左右2回ずつ(右左右左)、数セットやってみましょう。ウエストをシェイプすることができます。コロナによる外出自粛で運動不足になり、メタボが進行しちゃっている人もいるかと思いますので、ぜひこのストレッチでおなか周りのお肉を落としてください。下半身の筋力トレーニングにもなりますよ。

 せっかくなので斜面をスイスイ下りてくる“絵”を頭の中に浮かべてみるのはどうでしょう。ウキウキ、楽しく運動できると思います。ただ、ノリノリになりすぎて、激しく体をひねり、ケガなどしないように気を付けてくださいね。

 ◆久嬢由起子(くじょう・ゆきこ)1982年生まれ。整体師、肛筋トレーナー(日本大腸肛門病学会専門医公認)、ボディメイクトレーナー。ミス・ユニバース・ジャパンファイナリストの講師も務める。新たなストレッチ法を次々に考案。最新著書は「見るだけでやせる コア締めダイエット」。人気上昇中で、テレビや雑誌に引っ張りだこ。