今こそイクべき「Go To風俗」 賢いキャンペーンの利用法

2020年10月12日 11時30分

風俗に地域共通クーポンは使えないが…

 利用しない手はないぞ! Go To トラベルキャンペーンに10月から東京都発着の旅行が含まれるようになってから、さらに旅行需要が伸びている。あまりにも増えたため、旅行サイトでは割引上限額を減額するところも出てきたほど。乗り遅れたくはないが、知識がないと味わい尽くせない。特に地域共通クーポンには注意が必要だが、一方で「風俗旅行に使える!」との声もある――。

 同キャンペーンは旅行代金の最大半額分がサポートされるというもので、約1兆3500億円もの税金がつぎ込まれている。宿泊代が最大35%割り引かれ、地域共通クーポンとして最大15%分が支援される。

 利用者は「1泊4600円のホテルに泊まったら、35%の1610円が割り引かれました。つまり2990円で泊まれたんですよ。しかも、1000円分の地域共通クーポンをもらいました」と話す。クーポンは端数が500円以上の場合、1000円分が付与される。

 問題はこの地域共通クーポンだ。「ホテルにチェックインした時にもらえるのですが、使えるところが少ない。スマホで調べてみても、ホテル周辺の飲食店はほとんどダメ。結局、使いませんでした」(利用者)。しかも利用期限は翌日まで。利用エリアは近隣の都道府県までだ。

 ホテルのチェックイン時にもらえるので、うっかり食事を済ませてからホテルに行くと、使い道を1つ失った状態になるので注意が必要となる。ネットでは「コンビニで使った」とか「ドラッグストアで日用品を買った」など使い道に苦心している意見が多かった。

 準備期間はあったはずなのに、なぜこうもクーポンの使い道がないのか? ある地方都市の飲食店経営者は「商店街組合からクーポンの資料が回ってきたのですが、クーポンを使えるようにするには『店のコロナ対策を万全にすることが条件』と書いてあったんですよ。お客さんとのやりとりはビニールシート越しにやれとか、席を空けて座るように、とかね。ウチは小さい店でカウンターと火元が近くてビニールシートは火がつきそうで怖い。席は今も空けているつもりですが、これ以上空けたら儲けが減り、やっていけませんよ」と嘆いた。

 事業者向けの資料には、地域共通クーポンへの参加条件には「業種別に定められている新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインを遵守すること」と明記されている。今もコロナ対策をしているとはいえ、厳密に対応してマイナスを増やすくらいなら「参加しなくていいか」となりがちなのだ。

 クーポンが使える店はスマホで検索できるので旅行前に確認した方がいい。県庁所在地ならまだ使える方だが、さらに地方都市となると飲食店で利用できるところはほぼないということもあり得るのが現状だ。

「こんな時、風俗でクーポンが使えたらいいんですがねえ…。でもクーポンが使えなくたって、Go To トラベルを利用して安く風俗で遊ぶことはできますよ」と話すのは風俗情報誌「俺の旅」の生駒明編集長だ。

 ただ地域共通クーポンは「公序良俗に反するもの」や「社会通念上不適当とされるもの」は対象にならないが…。

「ラブホテルはGo To トラベルの対象外ですが、ビジネスホテルは安くなる。事前にデリヘルを呼べるビジネスホテルを調べて予約すればホテル代を節約することができます」

 確かにラブホが2時間4000円強程度することを考えると、同キャンペーンを利用してビジネスホテルで宿泊した方が安いこともあり得る。

「雑誌としての『俺の旅』は休刊だけど、もし今もあったら『Go To 風俗しよう!』という企画を立てていたでしょう。例えば、京都に観光に行って夜は風俗へ、というように。今行かずにいつイクんですか!?」と生駒氏は息巻く。

 利用しなきゃ損だ。