81年「パリ人肉事件」佐川一政氏の衝撃近影 介護の弟と特異な関係

2019年05月23日 16時00分

2018年10月、病室の佐川一政氏。抱いているのが「ビーバーさん」(純氏提供)

 世界を震撼させた“カニバリスト”は今、ぬいぐるみにかぶりついていた――。1981年、32歳だった日本人の男がフランスでオランダ人女性を射殺し、遺体の一部をむさぼり食べた「パリ人肉事件」。その男、佐川一政氏(70)は当時、「食人鬼」と称された。あれから38年。本紙は古希を迎えた佐川氏の近影を入手、近況を取材した。

 前代未聞の猟奇的殺人事件を起こした佐川氏は社会復帰後、作家やコメンテーターとして活動、さらにはAVにも出演した。2013年に脳梗塞で倒れて消息を絶ったが、歩行困難になった佐川氏を実弟の純氏(68)が介護していた。その純氏が本紙取材に答えて、近況が明らかになった。闘病生活に入って以降、メディアに対応するのはこれが初めてだ。

 純氏は「彼はもともと“食べる”のが大好きだが…」と頭をかき「食べ物を口に運んでも、せき込んで喉に入らない状態が続いた。昨年6月、誤嚥(ごえん)性肺炎になり、神奈川の病院に入院。胃ろうの処置を施されている状態」。

 胃ろうとは、口からの食事が困難な患者の胃に穴を開け直接、栄養を投与する治療法。会話についても「しゃべれない。片言になった」という。神奈川の病院を転々とし、現在も入院中だ。

 世間の関心の一つは今でもカニバリズム、つまり人肉嗜食が残っているか――だろう。

「あることはある。ないほうがいいけど」と純氏。兄の佐川氏に「今でも食べたいと思うの?」と聞いたところ、先述のように会話はできないが“思わなくはない”と反応を示したという。その証拠が“かみつき”だ。

「昨年7、8月ごろ、病院で女性看護師の腕にかみついてしまった。男性ヘルパーにも。医師に『これが続いたら退去してもらう』と怒られた。今はおとなしいフリをしている」と首をすくめる。

 純氏が「かみついちゃダメだよ」と諭すと“うん…分かった”とリアクションがあるという。

「食べたいのに食べられない欲求がある。気づいたら(佐川氏の)前歯が全部折れていた。食せないことへの反発で何かにかみついたのでは」

 ちなみに、純氏自身がかみつかれたことはない。「『俺の腕じゃダメなの?』と聞いたことがあるけど“ダメ”と(苦笑)」

 一方、人肉嗜食の欲求の対応策はある。

「彼はぬいぐるみが好きで病床にも置いてある。30センチほどの大きさで茶色のビーバーのぬいぐるみ。それにかみついている」。名は「ビーバーさん」という。

“かみグセ”があるため牙が鋭いビーバーのぬいぐるみをシャレで渡したのかと思われたが「ただ、かわいかったから。ビーバーさんは牙がなくて」と笑う。さらに「ぬいぐるみは兄弟で共通の趣味」と明かし「男がぬいぐるみ、とは恥ずかしいけど。でも、そう言ってられない」と赤面する。ぬいぐるみをかむことは「ある種のフェティシズムだと思う」と解説した。

 特異な関係でもある2人に、フランスの撮影クルーが15年に密着し、仏米合作のドキュメンタリー映画「カニバ/パリ人肉事件38年目の真実」が7月12日、公開される。事件の映画化は初だ。

 最後に「兄はどんな存在か」と問うと、照れくさそうに、しかしキッパリとこう返してきた。

「昔は仲良かったが、あの事件当時は、彼に対する怒りもあって仲が悪かった。それが今は元に戻った。1日置きに病院に見舞いに行くけど、帰ろうとすると“行かないで”と。兄弟愛だ」と純氏はつぶやいた。