【大宮競輪・GⅢ倉茂記念杯】近藤みやびは地元の英雄・平原推し「表彰式で花束をお渡ししたい」

2022年01月13日 17時51分

大宮競輪アンバサダー・近藤みやびのイチオシはもちろん地元の平原康多(東スポWeb)
大宮競輪アンバサダー・近藤みやびのイチオシはもちろん地元の平原康多(東スポWeb)

 東日本発祥73周年大宮競輪倉茂記念杯(GⅢ・15~18日)を開催する大宮競輪のPR隊(埼玉県県営競技事務所・渡邉和貴所長ら)が13日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れた。

 当地記念9度目の優勝を狙う平原康多(39=埼玉)を筆頭に宿口陽一(37=埼玉)、吉田拓矢(25=茨城)と関東のS班3人がそろい踏み。深谷知広(32=静岡)、村上博幸(42=京都)、山田庸平(34=佐賀)ら実力者に大型先行・町田太我(21=広島)、GⅢ初参戦の犬伏湧也(26=徳島)の走りにも注目が集まる。

 渡邉所長は「平原選手をはじめ話題性のある選手がそろいました。今年に入り記念の売り上げも好調ですし、その流れに乗って成功させたい」とPR。大宮・西武園競輪アンバサダーの近藤みやび(28)は「私はずっと平原選手推し。まだ一度もお会いしたことがないので、表彰式でぜひ、花束をお渡ししたい」と、地元の英雄にラブコールを送った。

 イベントは初日(15日)にお笑いコンビ トム・ブラウンのライブのほか、16日は埼玉県の自転車競技大会で上位に入った高校生によるケイリンレース、17日はガールズケイリン飯田風音(20=埼玉)、川路遥香(24=埼玉)の新人紹介などが行われる。売り上げ目標は55億円。滞留人数は1日5000に制限する。

関連タグ: