【若松ボート・BBCトーナメント】大本命・峰竜太は3着…上野真之介が師匠を豪快まくり!

2020年12月03日 23時27分

11Rを制した上野真之介

 ボートレース若松のプレミアムGⅠ「第2回ボートレースバトルチャンピオントーナメント」(BBCトーナメント)は3日、初日が行われた。1回戦は8レースのうちイン逃げが6本とおおむね順当な決着だったが、11Rは大本命の1号艇・峰竜太(佐賀=35)が3着に敗れる波乱。それを演出したのは、弟子の上野真之介(佐賀=32)だった。

 6号艇の原田幸哉(長崎=45)が前づけを敢行し、進入は162/345。3コースとなった上野はスタートでやや遅れながらスリットから伸びると、1Mで原田、峰を一気にのみ込む豪快なターンでまくり切り、バックストレッチは先頭に躍りでた。そのまま押し切って、3連単2―6―1は2万3450円と、この日一番の高配当となった。

 レース後は「うまくいきましたね」と笑顔を見せた上野。「ターン回りは良かった。でも、伸びは普通で、原田選手の方がいいですね」と仕上がりも悪くなさそうだ。

 今年は22優出7Vと大ブレーク。6月のSG・宮島「グラチャン」で優出2着と結果も出したが、タイトルは未戴冠。師匠であり第一人者の峰をねじ伏せた勢いに乗って、短期決戦のGⅠを制しても不思議ではない。