【オートレース】骨盤骨折の森且行が3度の手術成功 レース復帰まで1年程度

2021年02月09日 15時04分

森且行

 先月24日、福岡県飯塚市の飯塚オートレース場で開催された「GⅠ開設64周年記念」で落車、負傷した森且行(46=川口)の現在の状況が9日、JKAから発表された。

 森は落車後、福岡県内の病院に搬送された後、東京都内の病院に転院。骨盤骨折、腰椎骨折の診断でこれまで計3回の手術を受けた。手術はいずれも成功し、レースへの復帰は1年程度の期間が見込まれている。

 森の実兄が「この度、いつも応援していただいている皆様には状況をすぐにお知らせできずに大変ご心配をおかけ致しました。医療スタッフの方々の手厚いサポートのもと無事に手術を終えることができました。本人、家族ともども治療に専念してまいりますので温かく見守っていただければ幸いです。今後も森且行への応援をよろしくお願い致します」とコメントを発表した。

関連タグ: