【ボクシング】村田諒太 カネロと対戦できるなら1階級上げる

2020年01月30日 16時40分

29日、ラーメンチェーン店「幸楽苑」の期間限定メニューの試食会に出席した村田

 WBA世界ミドル級王者の村田諒太(34=帝拳)は、4階級制覇王者の“カネロ”サウル・アルバレス(29=メキシコ)との対戦が実現するなら階級変更もいとわない姿勢だ。

 次戦についてはカネロやIBF世界ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキン(37=カザフスタン)との超ビッグマッチが浮上しているが「コントロールできないことに対して、ヤキモキしたりストレスをためるのはあまりいいことではない。コントロールできる自分の準備というものをしっかりしていくということ」と自然体を貫いている。

 カネロは現在スーパーミドル級でWBAの世界王座も保持しており、対戦となれば、村田が1階級上げてリングに立つことが求められる可能性もある。それでも本人は「全然OK。ずっと同じ階級でやっているので。そういった意味でのチャレンジもいいと思う。それこそもう何級でもいい。(2階級上の)ライトヘビーは勘弁してほしいけど(笑い)」と冗談を交えつつ前向きだ。

 相手は世界的なスーパースターだけに様々な情報も乱れ飛ぶが「直接的に聞いているわけではなく、メディアやSNSを通じて僕が知るという感じ。チャンスがあるならもちろんやりたいけど、噂話の段階にすぎないと思う。もし試合が決まってもいいようにトレーニングするだけ。それに尽きる」と泰然自若で“Xデー”を待つ。