【THE MATCH】那須川天心 「何が何でも勝つ」と武尊との世紀の一戦で必勝誓う

2022年04月07日 19時55分

決意を語った那須川天心(東スポWeb)
決意を語った那須川天心(東スポWeb)

〝キック界の神童〟那須川天心(23)が、K―1のエース・武尊との世紀の一戦に向けて必勝の決意を口にした。

 那須川は7日、都内で行われた会見に出席。会見では6月19日に東京ドームで行われる「世紀の一戦」を開催する大会の概要が発表され、大会名は「THE MATCH 2022」と決まった。武尊と共に会見に臨んだ神童は「ここまで来て言うことも特にないですし、必ず勝ちます。何が何でも、どんな結果になっても僕が必ず勝つので。キックの最後の試合というか、僕の人生の中でも一番大きいことだと思うし、何が何でも勝ちます」と決意を示すかのように何度も「勝つ」と宣言した。

 試合に向けて「自分自身をしっかり信じて戦いたいと思います」と話した那須川。フジテレビでの生放送やABEMA PPVでの生配信も決まり「新たな舞台というか、新しい形でテレビでも試合ができてうれしく思いますみんな(団体や関係者が)仲良くできるように近づいていると思うので、しっかり見てほしいと思います」と話す。さらに、かねて悲願にしていた東京ドームでのキックイベント開催を実現させた形になるとあって「コンサートとかで東京ドーム行かせもらった時うらやましくて。プロレスもやっているし『なんでキックボクシングはできないんだ』ってずっと悔しくて。15歳からプロでやって今23歳なんですけど、この間でキックボクシングと共に成長できたなっていう思いです」と感慨深げに話した。

 アンダーカードも各立ち技団体の王者クラスがならぶオールスター戦になる予定だけに「チャンピオン全員出てほしいなとも思いますし。求心力というか、〝自分〟を持っている選手たちに出てほしいと思います」と期待を寄せた。世紀のビッグマッチは、立ち技の新時代を開くきっかけになりそうだ。

関連タグ: