UFC中止 先住民の居留地で開催を目指すも…

2020年04月11日 16時35分

 世界最大格闘技団体の米「UFC」は、18日に無観客での開催を計画していた「UFC 249」の中止を決めた。

 公式サイトで「開催に向けて万全の準備を進めていたものの、ESPNから新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、別途通知があるまで当該イベントならびに以後の試合を延期するよう要請がありました」との声明を発表。現地報道によれば、カリフォルニア州にある先住民の居留地での開催を目指したが、地元が反発するなど物議を醸した。そうした中で放映権料を支払う米スポーツ専門局「ESPN」からの要請を受け、中止を決断した形だ。

 今後については「UFCは可能な限り早いタイミングで完全なるライブイベントを再開できることを楽しみにしています」と早期再開を目指すとしている。