【シュートボクシング】RENA 女子学生のお尻にシュート魂注入

2019年10月20日 16時30分

RENAは女子学生の臀部に蹴りを入れた

 シュートボクシングの“絶対女王”ことRENA(28)が19日、東京健康科学専門学校(東京・品川区)の学園祭でトークショーを行った。12日のRIZIN大阪大会でアレキサンドラ・アルヴァーレ(35=スペイン)を20秒でKOしたばかりとあって「今回は久しぶりにいい感じに調整ができて勝つことができました」と上機嫌で語った。

 栄養士科などを設置している同校のイベントということもあり、トレーニングや食事方法を中心に語り、学生たちも真剣に耳を傾けていた。

 また自身の今後については「もう一回、アメリカには行きたいですね」と述べ、大みそかの「RIZIN.20」(さいたまスーパーアリーナ)については「少し準備期間が欲しい気もするんです。(出場するか)どうか葛藤しているところなので、もう少し待ってほしい」と言葉を濁した。

 終盤には希望者を募り、女子3人と男子1人の臀部にキックで“シュート魂”を注入。まるで“燃える闘魂”アントニオ猪木氏(76)の闘魂ビンタのような光景が繰り広げられた。「最近、女性からも『蹴ってください』って言われることが結構あって(笑い)。みんなエネルギッシュで逆に元気をもらえましたよ」。最後は「1、2、3、シュート!」の掛け声で締めくくった。