乃木坂46 過去最多の8人が新成人に 久保史緒里「新・華の2001年組世代」と命名

2022年01月07日 18時00分

絵馬を書く久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香ら
絵馬を書く久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香ら

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の新成人メンバー8人が7日、東京・乃木神社で恒例の成人式を行った。

 来月デビュー10周年を迎える乃木坂46は、過去最多となる8人が新成人を迎えた。

 8人はそれぞれ願い事を絵馬に書いた。過去2度センターを務め、次世代エースとして期待される4期生の遠藤さくら(20)は「自分は自分らしく」と書き「周りに流されない自分らしさを持っていたい」と説明。昨年9月発売「君に叱られた」で初めてセンターを経験した4期生の賀喜遥香(20)は「笑顔」という絵馬を見せ「乃木坂に入って、笑顔の回数が増えた気がする。笑顔の大切さも知ったので、もっと周りの人を笑顔にしたい」と意気込んだ。

 3期生の久保史緒里(20)は「未開拓の地へ」と書き、世代交代が進むグループのこれからの決意を表明。「これまでは先輩方がいろんな道を切り拓いてきてくださったので、後輩世代の私たちが未開拓の地へ挑みたい」と力を込めた。

 報道陣から毎年恒例の「自分たちは〝何世代〟ですか?」と聞かれると、事前にメンバーで考えいたという久保は「自分たち8人は新成人で過去最多なんですが、7人の先輩方が成人した2015年は『華の94年組』と呼ばれていたんです」と切り出し、OGでエースだった西野七瀬やキャプテンを務めた桜井玲香ら「華の94年組」の姿と重ね合わせ「新・華の2001年組世代」と命名した。

 久保は「今度は私たちが乃木坂46を盛り上げていけたらという気持ちを込めて。大変おこがましいですが…」と恐縮しつつも説明。報道陣から「強みは?」と聞かれると、賀喜は「21世紀になった年に産まれたので、歴史のパワーに満ちあふれているところが強み。8人分の歴史パワーです!」と意気込んだ。

関連タグ: