小室圭さん合格者リストに名前なし 清原博弁護士「十分に準備ができないまま受験した」

2022年04月15日 09時52分

小室圭さん(東スポWeb)
小室圭さん(東スポWeb)

 15日放送の「めざまし8」(フジテレビ)で秋篠宮家の長女眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(30)のNY州司法試験の結果について取り上げた。

 米ニューヨーク州司法試験委員会は14日、今年2月のNY州司法試験の合格者を公式サイトに掲載し、小室さんの名前はなかった。小室さんは昨年7月に同試験に受験するも不合格。今回の合格率は45%で、小室さん同様に再挑戦した受験生の合格率は30%とさらに狭き門となっている。

 ニューヨーク州の弁護士資格を持つ清原博弁護士は名前がなかったことについて「普通に考えれば合格できなかったということだと思いますね」と話した。

 小室さんは現在、法律事務所で法務助手として勤務している。再受験の難しさについて清原弁護士は「2回目の受験だから準備周到だと思われるかもしれないんですけど、むしろ逆なんですよね。1回目のほうがロースクール卒業すぐだから。そっちの方が準備周到であって2回目となりますと仕事を持ちながら受験勉強は本当に難しくて。むしろ2回目のほうが準備が十分できないまま受験してしまうことが多いと思いますね」と話した。

 2回目も不合格となると、在留ビザの問題も出てくるが、番組MCの谷原章介は「まあ多分、(日本に)お戻りになることはないでしょうけど、『拠点を作ってください』という眞子さまのお言葉もありましたから…」と推察。その上で「お2人の人生もまだ始まったばかり。まずは人生を楽しんでもらいたいと思いますね」とエールを送った。

関連タグ: