宮迫博之〝牛宮城〟動画にアンチなしの謎 ひろゆき氏「ウシジマくんのリアル版」

2022年01月15日 18時17分

皆、固唾を飲んで見守っている(東スポWeb)
皆、固唾を飲んで見守っている(東スポWeb)

 実業家のひろゆき氏が、焼き肉店開業を目指す宮迫博之を面白がった。

 宮迫は東京・渋谷の焼肉店「牛宮城」の3月オープンを目指し、奮闘中。当初昨年10月に開業予定だったが、トラブルが頻発し、費用がかさんでいる。最近では店の改装資金で追加で2~3000万円必要であることがわかり、宮迫は自身の高級時計コレクションの一部を売却することを決意した。

 いち個人で渋谷という〝大箱〟で成功するのは至難のワザ。これまでもひろゆき氏や、実業家の堀江貴文氏らが宮迫に再考を促していたが、宮迫は一歩も引かない。

 そうした経緯を踏まえ、ひろゆき氏は15日、ツイッターで「『闇金ウシジマくん』で、失敗してさらにお金を注ぎ込んでドツボにハマっていく話のリアル版」と表現。続けて「過去に一流芸能人だった人が、損切りが出来なくて追加出費をして、手をつけちゃいけないお金に手を出すドキュメンタリーとして他人事で見てると凄く面白い。コメント欄も楽しい」とつづった。

 ひろゆき氏が「楽しい」と指摘したコメント欄は今月6日に宮迫がアップした時計売却の動画だ。15日午後6時時点で再生回数は約60万回、コメント数は7100以上にのぼる。

 ひろゆき氏同様、「牛宮城再生プロジェクト」を〝リアル闇金ウシジマ〟もしくは〝リアルカイジ〟扱いで見ている人が多く「こんなに楽しみなドキュメンタリーはない」「最高のコンテンツ」「なんでこんなに面白いんだろう」と絶賛の声が殺到。アンチの多さで知られる宮迫だが、このシリーズに関しては誹謗中傷が全くと言っていいほど寄せられていない。不思議だ…。

関連タグ: