加藤紗里が同居男性“洗脳疑惑”をバッサリ「付いてきた」 育児放棄も否定【♯2】

2022年01月14日 22時32分

加藤紗里(東スポWeb)
加藤紗里(東スポWeb)

 炎上クイーンことタレントの加藤紗里(31)が怒りの反論だ。加藤は14日に配信された「週刊女性PRIME」で「『子どもの父親はあなた』と名指しした人気ユーチューバーから訴えられていた」の衝撃タイトルで、様ざまなトラブルが報じられた。

 当事者は加藤と、子ども向けユーチューブチャンネル「プリンセス姫スイートTV」に出演していた大河内基樹氏。

 加藤は2019年9月に不動産会社の経営者と結婚するも、翌年1月にスピード離婚。直後の2月に「AERA.dot」で離婚の遠因に大河内氏との不倫があることを匂わせた。これで大河内氏はユーチューバーとして致命的なダメージを負い、一緒にやっていたメンバーから違約金を請求されたという。

 現在、大河内氏は加藤を相手取り、名誉毀損で3000万円の損害賠償請求を起こしている。

 それだけではない。記事ではユーチューバー事務所をクビになり弱っていた大河内氏を加藤が懐柔。自宅で同氏を囲い、“洗脳”したと報じられた。これに加藤は猛反論。

 一緒に住んだ理由について「いろいろ悩みを聞いてて行くところがないって言われて。私、(前夫と)別居中だったんですよ。『行くところない』って言われたら、入れるしかないじゃないですか。そしたら住みつくようになって。そのせいで旦那ともめて引っ越さなきゃいけなくなったんですよ。(引っ越し先にも)付いてきたんです」と主張した。
 
 大河内氏は加藤が出産したばかりの長女の世話を同氏に任せ、別の男と飲み歩いていたことも告発。これにも加藤は「じゃあ大河内さん働いてよ! 大河内さんのぶんも働かなきゃいけないじゃないですか。だから仕事ですね。遊び回りとか書かれてるんですけど」と反論した。

“育児放棄疑惑”もささやかれた。加藤は「アンチの通報で児童相談所が毎日来るようになったんですよ。毎日、娘の服を脱がしてアザがないかとか見るんですよ。で、耐えられなくなって友達に『いつもありがとうね』みたいなラインを送ったら、友達が心配して警察を呼んじゃったんです」と、警察出動の過去を明かした。

 加藤は一連の報道に対して「言わないでおこうと思ったんですけど、さすがに違いすぎるんで!」と最後まで怒り心頭だった。

関連タグ: