久本雅美 藤山扇次郎と“親子”漫才? 母親扱いに「明日、母乳絞り出してきます」

2021年12月06日 18時00分

前列左から藤山扇治郎、渋谷天外、久本雅美、後列左から曾我廼家桃太郎、渋谷天笑、曾我廼家一蝶、曾我廼家いろは(東スポWeb)
前列左から藤山扇治郎、渋谷天外、久本雅美、後列左から曾我廼家桃太郎、渋谷天笑、曾我廼家一蝶、曾我廼家いろは(東スポWeb)

 タレントの久本雅美(63)、松竹新喜劇の藤山扇治郎(34)らが6日、大阪市内で「初笑い!松竹新喜劇 新春お年玉公演」(来年1月2~10日=京都南座」の取材会に登場した。

 正月の南座公演へのゲスト出演がすっかりおなじみとなった久本。今回は「お種と仙太郎」で、仲の良いお種と仙太郎夫婦に嫉妬し、嫁いびりする姑・お岩役をパワフルかつコミカルに演じる。

 久本は「女性が意地悪な姑役をやるのは、ホンマか役か分からなくなる。そのへんを意地悪く見え過ぎないように演じられたらええなと緊張してます。人をイジメるのは私とは遠く離れた正反対の役。皆さん、ここのところを太く書いてください」と報道陣におねだりした。

 仙太郎を演じる扇治郎は、久本との親子役を「めちゃくちゃうれしい。『(久本)お姉さん、あれやったらどうかな』とお風呂で考えることがあるんですけど、お種と仙太郎は5本の候補のうちの1本だったので『よっしゃ』と喜んでました」とニッコリ。

 もともと久本のことを「芸能界の母親みたいなもん」と思っていたと明かすと、久本は「扇ちゃんがお風呂に入りながら私のことを考えてくれているなんて夢にも思わず…ちょっと気持ち悪いです」と笑わせた。

 ただ、〝女〟として見られていないことが不満だったようで「扇ちゃんがお母さんと思ってるとは…。そんな年齢か?」と口を尖らせたが、扇治郎は「そんな年齢です。直美のおばちゃんと同じ年ですし。僕の友達のお母さんも同じくらい」と伯母の藤山直美を引き合いに出して、きっぱり。

 久本は「これからは私のことをお姉さんではなく、お母さんということでよろしいですか?」と念を押し、扇治郎が「はい」と応じると「分かりました。明日、母乳絞り出してきます」と笑い飛ばしていた。

【関連記事】

関連タグ: