大井競馬場で〝二刀流対決〟 ダート左回り70メートル走はナダルがきんに君に圧勝

2021年11月15日 16時26分

左からコロチキ・西野創人、ナダル、なかやまきんに君、前園真聖(東スポWeb)
左からコロチキ・西野創人、ナダル、なかやまきんに君、前園真聖(東スポWeb)

 お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」のナダル(36)と西野創人(30)、なかやまきんに君(43)、前園真聖(48)が15日、東京・大井競馬場で行われた「大井競馬場 左右両回りコース発表会」に出席した。

 大井競馬場は今年35周年を迎えたナイター競馬「トゥインクルレース」で知られ、「行ってみたいイルミネーションランキング」で1位になるなど若いカップルにも人気のデートスポット。その大井競馬場が左回りコースも導入した世界で唯一の左右両回りコースの競馬場となり、19日には初の左回りレース「Make New Way」を開催する。

 いわば〝二刀流の競馬場〟ということになるが、なかやまきんに君が「僕はお笑い芸人とボディービルダーの二刀流」とアピールすれば、ナダルも「二刀流といえば僕らでしょう。漫才もコントもやってる」と対抗心をあらわにし、ナダルとなかやまきんに君による「ダート左回り70メートル」の即席マッチレースが開催された。

 体を鍛えているなかやまきんに君が〝本命視〟されたが、レースはスタートと同時に元サッカー少年だったナダルが飛び出して独走勝利した。レースを終えたナダルは「途中でコケるかと思ったけど、お笑いゼロで終わった…」と、まるで敗者のような弁。一方、なかやまきんに君は「やっぱり筋肉つきすぎて体が重いから、足が沈んだのがダメだった」と冷静に敗因を分析し、ナダルから「そんなガチな敗因分析いらんて!」とガチのツッコミを受けて笑わせた。

関連タグ:

ピックアップ