日本ハム・新庄監督が「野球やろうぜ!って…」 ティモンディが対戦直訴

2021年11月09日 14時38分

ティモンディの前田(左)と高岸(東スポWeb)
ティモンディの前田(左)と高岸(東スポWeb)

 野球芸人コンビ「ティモンディ」の前田裕太と高岸宏行(共に29)が9日、いま野球界を賑わす2大スターについて語った。

 2人は愛媛の強豪・済美高校野球部時代からの付き合い。共に県外からの野球留学で、一時はプロを目指していた。今は「応援する側」に回り、ポジティブキャラと「やればできる!」がモットーだ。

 この日はメンズスキンケア新ブランド「ADI×VIOTERAS」のPRイベント(都内)に出席。その直前入ってきたのが、エンゼルス・大谷翔平投手が米メジャーリーグ今季MVPの最終候補入りしたというビッグニュースだ。

 前田は「僕らの2コ下ぐらいかな、年下なんですけども、もうホントに、人としてどれくらい僕らよりも上なんだっていうぐらい。いろんな人格もできてるし、野球に対しての考え方も」とほめちぎる。

 高岸も「あの成績を残す中でも、ゴミを拾ったりとか、自分からファンサービスをするって姿勢が、ああいう超一流の方がそういう行いをすることで野球振興に繋がってると思うので、僕らプロにはなれてない立場ですけども、一緒に野球界を盛り上げていけたらいいなって気持ちはありますね」とコメント。

 また、北海道日本ハムファイターズの新監督に就任した新庄剛志〝ビッグボス〟とは意外な縁があった。

 前田によれば「他のお仕事で1回か2回ぐらいご一緒させてもらったときがあるんですけど、その時に新庄さん側から『野球やろうぜ!』って(サザエさんの)中島君みたいなことを言ってきてくれた気がした」という。

「ビッグボスはもうそのままで大丈夫。スターらしく、皆さんに元気と勇気を与えてもらいたいな」と高岸は声援を送り、「僕たち自身、北海道で冠番組をもたせていただいてますんで、いつか一度対戦させてもらえたらいいなぁっていうのも少しあるので、ぜひ新しい球場できたときにでも対戦を」と新庄監督にお願いした。

関連タグ:

ピックアップ