“奇跡の51歳” 石田ゆり子の強烈な「晴れ女パワー」

2021年03月31日 06時15分

収穫した人参を見つめる石田ゆり子

 女優・石田ゆり子(51)の晴れ女ぶりが多くの人を救っている。

 石田は、30日に都内で行われた「味の素『ピュアセレクト マヨネーズ』新ブランド戦略・新CM発表会」に出席。「マヨネーズが大好きなので、CM出演が決まったときはとてもうれしかった」と笑顔を見せた。

 2パターン制作されたCMは、どちらも晴天の下、石田がトマトやゆで卵にマヨネーズを付けて食べるというもの。数日間にわたった撮影は、すべて天気に恵まれたという。司会者から「晴れ女なんですか?」と聞かれた石田は「晴れ女なんです!」と声を弾ませた。

 そんな石田は自身のインスタグラムでも「私は晴れ女。どういうわけかお天気には恵まれる」と公言。投稿された仕事の合間に撮ったと思われる写真を見ても、キレイな青空が広がっている。

 今回のCM撮影でも同じだったようで、味の素の関係者は「撮影の前日まで雨の日が続いていたので、天気が回復するか心配していました。でも、当日になると快晴になり、その日からはずっと晴れの日が続いていた」と驚きながら明かす。

 ドラマ&映画界でも晴れ女ぶりは有名だ。

 例えば、2016年の4月から6月の間にNHKで放送された主演ドラマ「コントレール~罪と恋~」では、撮影の時期に雨の日が続いていたが、ロケの撮影で石田が現れた時は、なぜか降らなかったという。「確かに、石田さんがいる現場で雨が降った記憶はあまりないですね」とは芸能関係者。

 今回の発表会で、マヨネーズをかけたニンジンを口にした姿を撮影されると、恥ずかしそうにはにかんだ石田。自然な笑顔も天気に恵まれる秘訣かもしれない。

関連タグ: