スザンヌが豪雨被害の高校卒業式にサプライズ出席「知識と経験値を学んだみなさんは無敵です」

2021年03月01日 21時33分

スザンヌ

 タレントのスザンヌ(34)が1日、豪雨被害に遭った熊本県芦北高校の卒業式にサプライズ出席したことを報告した。

 昨年7月の熊本豪雨の影響で体育館が使えず、同校卒業式は別の会場で行われた。熊本出身のスザンヌは「ニコニコ大作戦」として豪雨被災者への支援活動を行ってきた。SNSで活動報告をする中で同校の保護者から「卒業式に来てくれたらうれしいです」と声を掛けられると「お約束はできませんが、なにかお力になれるよう頑張ります」と返していた。支援作戦の一環として同校訪問が実現したという。

 スザンヌは熊本県PRマスコットキャラクター・くまモンとともに式典にサプライス出席し、卒業する3年生51人にメッセージを送った。

 スザンヌは「手にマジックで要点書いたのに伝えきれなかった!笑笑」として〝メッセージ全文〟を掲載した。

 豪雨災害から日常生活の再開がままならないままコロナの影響を受けた3年生に「『辛抱』や、『忍耐』いっぺんに来た感じですよね。でも、絶対に絶対にこの辛い苦しい経験が未来に役に立つとわたしは信じています」と意味のあるのものだと諭す。そして「これまでの学校生活で学んで来たことが『知識』だとすると、これから先の人生で得られる『経験』が皆さんを格段に豊かな人間にしてくれます。この経験値を今から深く強く学んでいるんだから、みなさんは無敵です」とエールを送った。続けて「こんな時代だけど、だからこそ、どうか皆さん、恐れず、ひるまず、前向きにチャレンジしてください」と呼びかけた。

 スザンヌは〝みなさんの頭の片隅に置いておいてほしい言葉〟として「ラブマイセルフ!」としたため、最後に「自分で自分を愛してあげてください」「何かあったときに本音で語り合える友人をどうか大切にしてあげてください」とつづった。

 忘れられない卒業式を演出したスザンヌは「みんなの優しい笑顔キラキラした瞳にこちらがパワーをもらって帰りました」と結んだ。

関連タグ: