鈴木愛理 CDJ開催中止に「皆様の安全が1番」「笑顔で年を越しましょうね!!」

2020年12月21日 20時02分

鈴木愛理

 元「℃―ute」のメンバーで歌手の鈴木愛理(26)が21日、ツイッターを更新。この日、千葉幕張メッセで予定だった年越しイベント「COUNTDOWN JAPAN 20/21」(12月27~31日)の開催中止が発表されたことを受けて、自信の思いをつぶやいた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて開催1週間を切った時点での中止発表。CDJ公式サイトでは「開催間近となった時期での発表となり、参加を決めていただいていた皆様には大変なご迷惑をおかけすることになり、深くお詫びいたします」と謝罪。「開催を実現するべくいろいろな努力を続けてきましたが、諸々の状況の中で断念せざるを得ませんでした。とても残念です」と無念の思いを込めた。

 27日に出演予定だった鈴木は「リハーサルもしていたので、歌い納めたかったなぁという気持ちでいっぱいではありますが、皆様の安全が1番。いつ会えなくなるかわからない毎日、しっかり1日1日を過ごしたいですね」と前を向いた。さらに、ステージでやる予定だった演出などを公開。「2020年はライブで自身の曲を歌う機会がほとんどなかった中でも、やはり自分には音楽が大切だし、原動力になっている事を認識した一年でした」と振り返った。「同じ空間で届けることは叶わなくなってしまったけど、ここまで作り上げた気持ちは届くといいなと思っています」とつづり、最後は「残り少ない2020年。まだまだ気を抜かず、笑顔で年を越しましょうね!!」と笑顔のマークつきのメッセージを送った。