辛坊治郎氏〝GoTo停止〟に反論「危険なんじゃないか」「違うところに原因がある」

2020年12月12日 19時25分

辛坊治郎氏

 フリーキャスターの辛坊治郎氏(64)が12日、日本テレビ系「ウェークアップ!ぷらす」に出演し、コロナ感染対策における「GoToトラベル」のあり方について持論を展開した。

 政府の対策について、まずジャーナリストの田崎史郎氏が「GoToは札幌と大阪市においては今止められている。しかし顕著な感染者数の減少は見られない。では止めることの意義はあるんだろうかということを感じる」と感想。

 それを受けた辛坊氏は「難しいのは、感染状況というのは実際の対策が行われてから2週間ずれますから、その先を見ないと分からない」とした上で「最近私、世界の感染状況、特に身近な韓国の感染状況をつぶさに見てると、別に日本のGoToをやってるわけじゃありませんが、いわゆる〝第3波〟のグラフがそっくりなんですよ。そうすると、本当は違うところに原因があるのに、GoToばかりが政治問題にされて、そこにみんな原因を求めるっていうのは、本当に対策を打つ意味においては危険なんじゃないか」と私見を述べた。

 これを聞いた田崎氏は「僕も同感なんだけど、それを大きな声で言う人は少ない」とぽつり。辛坊氏は「そうですね。では小さい声で」と苦笑いだった。